病気・介護・別れ ペットのためにできること

ペットの高齢化

1

今やペットは、父母・兄弟・姉妹・配偶者・我が子などの血縁者と同じ「第五の家族」と呼ばれています。 某研究所の調査によると、ペットを家族の一員だと思っている人は全体の54.6%を占めるといいます(201 ...

2

生涯において肝心なものは、その重要性が高ければ高いほど、人に悩みをもたらします。失う事がおそれとなるからです。 その意味では、日本の飼い主たちは大きな不安に直面しているといえます。 愛するペットの老齢 ...

3

飼い猫のNちゃん(17歳)は、6月に突然腸に腫瘍らしきものができました。 がん検査は行なっていませんが、獣医に「経験上、これはガンだ」と告げられました。 すでに高齢のため、抗がん剤治療は強くは勧められ ...

4

これから高齢を迎えるミニチュアダックスフントのBちゃん(9歳)の飼い主は、老後に備えてペット保健の加入を検討しているが、ミニチュアダックスフントはヘルニアになりやすいことから、入れる保険がは限られると ...

5

ペットは、長年一緒に時を過ごせば我が子も同然。 そんな“家族"の長寿は、全ての飼い主の願いです。 犬の平均寿命は、チワワのような超小型犬で15.7歳。 レトリーバーのような大型犬で14歳。 猫は完全室 ...

6

ペットが病院にかかると、保健が効かないため、窓口で高額な医療費を請求されることも珍しくありません。動物病院への通院や入院・手術でかかった費用の一部を保障してくれる「ペット保険」契約期間が1年の掛け捨て ...

7

年老いたペットの介護は、人間同様に簡単なことではありません。 飼い主自身が高齢となり、家族の介護が重なるととても手が回らなくなります。 そこで現在、介護が必要な老犬や老猫を有償で面倒をみる「老犬・老猫 ...

8

自分の財産を信用できる人に託して、その処分と管理を任せる「信託」信託法に基づいて行なわれる自分の死後に備えて、これをペット飼育目的に使用するのが「ペット信託」です。 2013年に標章登録された「ペット ...

9

長年家族同然に連れ添った犬や猫。 その犬や猫が寿命を全うする時、飼い主が直面する悲しみを「ペットロス」と言います。 この言葉は、ペットの位置づけが愛玩動物から家族の一員へと変わり、医療の発展や餌の質の ...

10

ペットを愛する友人、同伴者、または家族と見なす者は、その友人の喪失に伴う激しい痛みを知っています。 その悲しみに対処するためのヒント、そしてペットロスに直面する困難な決断については、以下のとおりです。 ...

11

加齢、老化は、我々(犬さえ)全員に忍び寄ります。 日常生活の中で、その兆候は微妙であり、簡単に見逃されてしまいます。 犬の老化の徴候に敏感であることは、犬の健康を保つ最良の手段です。

12

獣医学や栄養学の進歩により、犬は長生きするようになりました。長生きするために、最期の時もなるべく快適であるために、飼い主は栄養補助食品(サプリメント)に注目しましょう。




Copyright© 【 ペットライフ】ペットの悩み・高齢化 , 2019 All Rights Reserved.