「医療最前線」 一覧

新着情報 医療最前線 飼い主の倫理

飼い主が防げる誤飲・誤食

基本中の基本ですが、動物病院の症例の約2割を占めるのが犬猫の誤飲・誤食です。ペットの手に届かないところに保管すればそれらは防げるので、飼い主には普段から注意をして欲しいとおもいます。動物病院での処置は ...

新着情報 医療最前線 ペットの高齢化 ペット保険

高齢化するほど保険に加入しにくい

これから高齢を迎えるミニチュアダックスフントのBちゃん(9歳)の飼い主は、老後に備えてペット保健の加入を検討しているが、ミニチュアダックスフントはヘルニアになりやすいことから、入れる保険がは限られると ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化

安楽死・苦痛なく見送る

飼い猫のNちゃん(17歳)は、6月に突然腸に腫瘍らしきものができました。 がん検査は行なっていませんが、獣医に「経験上、これはガンだ」と告げられました。 すでに高齢のため、抗がん剤治療は強くは勧められ ...

新着情報 医療最前線 ペットの高齢化

夜鳴きではじまる深夜の介護

チワワのMちゃん(17歳)の飼い主は、「定年退職しているから介護ができるが、勤めていたら到底無理だった」と話しています。 Mちゃんは、要介護の高齢犬です。 今年5月に急激に弱り始め、7月半ばには歩けな ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化

トイレの世話と糖尿病注射

人間の高齢化も問題になっていますが、ペットの高齢化も同様に深刻さを増しています。 あるアンケートで、「ペットの老後について不安はありますか?」との問いに対し、8割の人が「ある」と回答しました。 「最も ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

高度医療を過信しない。病から守るためにすべきこと

東京都在住の飼い主を持つチワワのMちゃん(9歳)は、年に2回健康診断を受けています。血液検査やレントゲン・エコーなどで体に不調はないか調べる本格的なものです。 人間顔負けの健康診断には、ペットでも1回 ...

新着情報 医療最前線 問題行動

脳波でわかる無駄吠えや尾追いの原因

てんかんが犬の問題行動の原因になっている可能性 愛情を持って接した犬でも、やたらと吠えたり、尻尾を追い掛け回す子がいます。 「そういう性格」「しつけが悪い」とされてしまいがちですが、実は病気が原因であ ...

新着情報 医療最前線 再生医療

椎間板ヘルニアに効果・幹細胞点滴

私たち人間の椎間板ヘルニアは、腰痛や坐骨神経痛を招き、日々の生活で痛みを感じます。しかし、犬や猫の椎間板ヘルニアは、下半身不随を起こすことも少なく有りません。 ある高齢のミニチュアダックスフントは、あ ...

新着情報 医療最前線 癌(ガン)

がん治療の選択肢

犬・猫の死因トップは、我々人間同様にがん 老化した細胞はがん化しやすいという構造は、人間も小動物も基本的には同じです。 そして、犬・猫のがん治療の選択肢も、人間同様に幅広くなっています。 日本獣医がん ...

新着情報 医療最前線 心臓病

小型犬の慢性心不全は外科手術で根治可能

犬や猫・小動物などの飼い主の多くは、ペットをわが子同然に考えている方が多いですよね。 しかし、悲しいことに多くは、飼い主よりも先に病気や老いなどで旅立ってしまいます。 だからこそ、飼い主はペットの生命 ...

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2017 All Rights Reserved.