「医療最前線」 一覧

新着情報 医療最前線 医療の悩み 癌(ガン)

犬の甲状腺の問題について

犬にとって甲状腺の病気がかなり蔓延していることをご存知ですか?どのような症状なのでしょうか?犬の一生に影響を与えかねない甲状腺の病気について説明します。

新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

ココナッツオイルは万能薬

ココナッツオイルは健康によいとされ、近年大ブームですが犬にもいいのでしょうか?

新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

マルチビタミンを考える

調査によると最近の10年間で飼い主はペットの健康をより真剣に考えるようになりました。飼い主の約5割がペットにマルチビタミンを与えているという結果が出ました。(米国)

新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

犬の歯の健康を守る6つの方法

80%の犬が2歳までになんらかの形で歯周病であることをご存じですか?

新着情報 医療最前線 飼い主の倫理 コラム

犬の発熱3つの兆候

発熱は健康な動物にとって正常を超える範囲の体温と定義されます。

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化 飼い主の倫理 コラム

老(シニア)犬のための7つのベストサプリメント

獣医学や栄養学の進歩により、犬は長生きするようになりました。長生きするために、最期の時もなるべく快適であるために、飼い主は栄養補助食品(サプリメント)に注目しましょう。

新着情報 医療最前線 飼い主の倫理

飼い主が防げる誤飲・誤食

基本中の基本ですが、動物病院の症例の約2割を占めるのが犬猫の誤飲・誤食です。ペットの手に届かないところに保管すればそれらは防げるので、飼い主には普段から注意をして欲しいとおもいます。動物病院での処置は ...

新着情報 医療最前線 ペットの高齢化 ペット保険

高齢化するほど保険に加入しにくい

これから高齢を迎えるミニチュアダックスフントのBちゃん(9歳)の飼い主は、老後に備えてペット保健の加入を検討しているが、ミニチュアダックスフントはヘルニアになりやすいことから、入れる保険がは限られると ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化

安楽死・苦痛なく見送る

飼い猫のNちゃん(17歳)は、6月に突然腸に腫瘍らしきものができました。 がん検査は行なっていませんが、獣医に「経験上、これはガンだ」と告げられました。 すでに高齢のため、抗がん剤治療は強くは勧められ ...

新着情報 医療最前線 ペットの高齢化

夜鳴きではじまる深夜の介護

チワワのMちゃん(17歳)の飼い主は、「定年退職しているから介護ができるが、勤めていたら到底無理だった」と話しています。 Mちゃんは、要介護の高齢犬です。 今年5月に急激に弱り始め、7月半ばには歩けな ...

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2018 All Rights Reserved.