「医療の悩み」 一覧

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化

安楽死・苦痛なく見送る

飼い猫のNちゃん(17歳)は、6月に突然腸に腫瘍らしきものができました。 がん検査は行なっていませんが、獣医に「経験上、これはガンだ」と告げられました。 すでに高齢のため、抗がん剤治療は強くは勧められ ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み ペットの高齢化

トイレの世話と糖尿病注射

人間の高齢化も問題になっていますが、ペットの高齢化も同様に深刻さを増しています。 あるアンケートで、「ペットの老後について不安はありますか?」との問いに対し、8割の人が「ある」と回答しました。 「最も ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

高度医療を過信しない。病から守るためにすべきこと

東京都在住の飼い主を持つチワワのMちゃん(9歳)は、年に2回健康診断を受けています。血液検査やレントゲン・エコーなどで体に不調はないか調べる本格的なものです。 人間顔負けの健康診断には、ペットでも1回 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

検査ばかり・・・今は病院恐怖症

ペットの病気が「なかったこと」にされる。 そんな状況に納得できない飼い主も多くいます。 千葉県在住のOさんの愛猫L君、まだ1歳だった2年前にえらが腫れる異変で近所の動物病院を受診しました。 すぐに獣医 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み 癌(ガン)

安らかに逝かせられなかった後悔・この手で送った後悔

ペットの高齢化や病気をめぐる最大の悩みは「死」です。 さらに飼い主自らがその決断をし、引き金を引くのは苦悩を超えたものです。 かかりつけ病院の一室で、ラブラドールレトリバーのBちゃんは飼い主のMさんの ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

ペットの医療費が老後の蓄えを圧迫

子供や孫のいない老人にとり、ペットはかけがえのないない家族です。 血統証つきの高級な犬猫を飼う人もいれば、拾ったり、保護した犬猫の世話をする人もいます。 千葉県のOさん夫妻は後者のひとり、保護した雑種 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

「神の手」はいない。有名病院の落とし穴

猫は家につく動物といわれますので、引っ越しが大変です。移動の負担で体調を崩しやすいのです。 仕事の転勤で泣く泣く実家に愛猫を託した東京在住のMさんは、ほどなくして実家からのSOSを聞く事になります。 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

経験から学ぶ専門医信仰

「アリからゾウまで何でも診ます」というキャッチフレーズで地元で有名な病院。 受診に数時間待つことも当たり前、「混んでいるのは腕がいい証拠」と信頼し、愛犬のケアンテリアを託した京都府在住のNさんは 「肝 ...

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2017 All Rights Reserved.