「新着情報」 一覧

新着情報 医療最前線 問題行動

脳波でわかる無駄吠えや尾追いの原因

てんかんが犬の問題行動の原因になっている可能性 愛情を持って接した犬でも、やたらと吠えたり、尻尾を追い掛け回す子がいます。 「そういう性格」「しつけが悪い」とされてしまいがちですが、実は病気が原因であ ...

新着情報 医療最前線 再生医療

椎間板ヘルニアに効果・幹細胞点滴

私たち人間の椎間板ヘルニアは、腰痛や坐骨神経痛を招き、日々の生活で痛みを感じます。しかし、犬や猫の椎間板ヘルニアは、下半身不随を起こすことも少なく有りません。 ある高齢のミニチュアダックスフントは、あ ...

新着情報 医療最前線 癌(ガン)

がん治療の選択肢

犬・猫の死因トップは、我々人間同様にがん 老化した細胞はがん化しやすいという構造は、人間も小動物も基本的には同じです。 そして、犬・猫のがん治療の選択肢も、人間同様に幅広くなっています。 日本獣医がん ...

新着情報 医療最前線 心臓病

小型犬の慢性心不全は外科手術で根治可能

犬や猫・小動物などの飼い主の多くは、ペットをわが子同然に考えている方が多いですよね。 しかし、悲しいことに多くは、飼い主よりも先に病気や老いなどで旅立ってしまいます。 だからこそ、飼い主はペットの生命 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

検査ばかり・・・今は病院恐怖症

ペットの病気が「なかったこと」にされる。 そんな状況に納得できない飼い主も多くいます。 千葉県在住のOさんの愛猫L君、まだ1歳だった2年前にえらが腫れる異変で近所の動物病院を受診しました。 すぐに獣医 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み 癌(ガン)

安らかに逝かせられなかった後悔・この手で送った後悔

ペットの高齢化や病気をめぐる最大の悩みは「死」です。 さらに飼い主自らがその決断をし、引き金を引くのは苦悩を超えたものです。 かかりつけ病院の一室で、ラブラドールレトリバーのBちゃんは飼い主のMさんの ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

ペットの医療費が老後の蓄えを圧迫

子供や孫のいない老人にとり、ペットはかけがえのないない家族です。 血統証つきの高級な犬猫を飼う人もいれば、拾ったり、保護した犬猫の世話をする人もいます。 千葉県のOさん夫妻は後者のひとり、保護した雑種 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

「神の手」はいない。有名病院の落とし穴

猫は家につく動物といわれますので、引っ越しが大変です。移動の負担で体調を崩しやすいのです。 仕事の転勤で泣く泣く実家に愛猫を託した東京在住のMさんは、ほどなくして実家からのSOSを聞く事になります。 ...

新着情報 医療最前線 医療の悩み

経験から学ぶ専門医信仰

「アリからゾウまで何でも診ます」というキャッチフレーズで地元で有名な病院。 受診に数時間待つことも当たり前、「混んでいるのは腕がいい証拠」と信頼し、愛犬のケアンテリアを託した京都府在住のNさんは 「肝 ...

新着情報 ペットの高齢化

小型犬ブームと高齢化

小型犬ブ—ムが高齢化の起点 現在のペット高齢化の波は、00年代前半に起こったぺットブームの終点といえます。03年には消費者金融のテレビCMがきつかけとなり、チワワ人気が爆発しました。その後はフイギュア ...

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2018 All Rights Reserved.