新着情報 医療最前線 医療の悩み コラム

高度医療を過信しない。病から守るためにすべきこと

更新日:

東京都在住の飼い主を持つチワワのMちゃん(9歳)は、年に2回健康診断を受けています。血液検査やレントゲン・エコーなどで体に不調はないか調べる本格的なものです。
人間顔負けの健康診断には、ペットでも1回2万円から費用がかかります。Mちゃんの場合、年に2回健康診断を受けているので、1年間で4万円の出費となります。

Mちゃんが年に2回も健康診断を受けるようになったきっかけは持病にあります。
Mちゃんは、水を飲むような些細な動作で「器官虚脱」という、器官が強度を失い潰れてしまう病を抱えています。大学病院などで診察を受け、毎日服薬が欠かせません。病気の悪化を防ぐためにも、飼い主は健診を習慣化しました。

Mちゃんの飼い主のように、動物医療に対する意識も高まっています。
ニフティ傘下の獣医療関連の情報サービス会社「シグニ」は昨春、全国1150の動物病院で利用できるクーポンを販売しました。生化学と血液の検査に問診・初診料込みで、全国一律7980円というもの。価格の安さから、今日まで飼い主や動物愛護団体など800件が利用しました。

健診で重要なのが、各項目数値の継続把握です。
人間の場合は一定の基準が設けられていますが、動物の場合は個体差が大きいため数値がまちまちです。
例えば、ある数値が生まれつき高い子や、一見正常に見えて実は継続的に数値が悪化している子などです。動物は人間のように言葉で体調不良を訴えることができませんが、数値の特徴と変化で獣医には異変が分かります。そのため、飼い主はペット健診を定期的に受けるようにしている人が多いのです。

内臓や血液などの病気の予防も大切ですが、人間同様にデンタルケアも重要です。日本小動物歯科研究会のF会長は、「歯周病を放置すると口内環境だけでなく、心不全のような全身疾患も引き起こす」と話しています。

ただし、一部の病院が実施している無麻酔での歯石取りは避けて欲しいと言います。歯周ポケットなどの歯石を取り切れない他、歯の表面を傷つけてしまい、そこに歯石が付きやすくなってしまう恐れがあります。

家庭で出来るペットのデンタルケアとしては、まずは口の周りを触ることから始めます。そして、ペット用のデンタルペーストを付けた綿棒を口に入れたり、ガーゼで歯の表面をなでて汚れを優しく拭き取ることが予防歯科になります。

歯に限らず、最も重要なのが飼い主によるペットの日常的な健康管理です。
体をなでている時にしこりがないか調べます。そして、食事や水のい量を一定に保って、食欲の変化を定量的に把握するなどすることで、万が一病気でも早期発見に繋がります。

実は、こうした努力を怠る飼い主が少なくありません。
大切なペットが病気になってから、慌てて高度医療に頼るようでは、飼い主失格と言えるでしょう。




-新着情報, 医療最前線, 医療の悩み, コラム

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2018 All Rights Reserved.