新着情報 コラム

動物病院の「歯科医化」

更新日:

首都圏の住宅街で動物病院を営むKさんは、「獣医は急速に“歯科医化"しているんですよ」と苦笑する。
歯科と言えば、コンビニエンスストアを上回る6万8000軒もの店舗が乱立しています。これに対して、動物病院は全国1万1486軒(2015年)です。問題は、ペット不可の住居や共働きなどで、犬や猫の飼育数が減少しているのに病院だけ増え続けていることです。

この10年間で飼育数は1割減りましたが、動物病院は2割増えています。
飼育ペット数が減少しているのに動物病院の数が多くなる理由は、投資回収にあります。

日本の獣医は全国16の大学から、毎年約1000人輩出され、全国の総数は3万9000人にも上ります。このうち、最も多いのが保健所や食品衛生検査所などに勤務する地方公務員(23%)です。次が、動物病院の開業医(21%)です。

獣医になるまでには、莫大な“投資"が必用なことから、地方公務員は投資回収のことを考えればベストな選択肢とは言えません。
獣医学部は、医学部と同じく6年制です。学費は私立大学なら、6年間で約1300万円かかります。国立大学の場合は、この3割程度と大幅に安くなりますが、私立大学の方が定員が多いので、獣医を志す学生が圧倒的に多くなります。

理系学部だけに授業も過密なため、アルバイトする時間もありません。
多くは、親からの仕送りに頼って生活することになります。

大学入学前にも、予備校や塾に通うコストがかかります。
個人差がありますが、約2000万円の先行投資を親から受ける人も少なくありません。これらのコストから、地方公務員の稼ぎでは投資回収額が足りず、勤務医を経て開業医を目指す獣医が増えたのが現在の姿です。

冒頭のKさんの開業経緯は少し変わっています。
3年前に知人の紹介で、企業経営という事業継承という形でベテラン獣医の病院を引き継ぎました。土地を含む不動産や院内設備に加え、顧客もそのまま引き継いだため、現在の年収は5000万円と言います。同じく獣医の妻と合わせた獣医報酬額は、年2000万円。収入も勤務医時代の倍になり、大好きな動物の仕事ができて満足していると言います。

Kさんの同級生140人のうち、開業に至ったのが1割強。
多くは、開業に必用な資金とスキルを得るために勤務医を続けています。

勤務医の年収は、病院や役職によって大きく異なりますが、初任給で年収400万程度。
10年勤めたとしても、年収600万円程度はザラと言います。

実は、Kさんも自分の給料だけでは開業資金を賄えませんでした。
投資総額4500万円のうち、自分で投資した金額は500万円。
2000万円は継承したベテラン医師に月々分割で支払いをし、残りの2000万円は双方の親から無期限・無利子で借り入れました。親の財力がなければ、今も近藤さんは勤務医として貯蓄に励んでいたことでしょう。

Kさんの例のように、開業のコストは4000万円前後が一般的です。
10年前と比べて、約1000万円増えました。
これは、高度医療機器を導入する病院が増えたことにあります。

日本の開業動物病院は、アメリカの大学病院並みの設備を揃えています。飼い主の高度医療へのニーズもありますが、診療1件あたりの単価をあげたい獣医の台所事情も見え隠れします。

これら高度医療機器は、銀行融資やリースで導入することが一般的です。しかし、過大投資で経営破綻する病院も今度は出てきても不思議ではありません。

4000万円の投資で産まれる固定費を賄うためには、毎日8人の来院者が6000円ずつ治療費を払っていかなければいけません。こうした事情から、獣医が高い検査や手術を勧めるのも分からなくはない話です。

ペットを病気にさせない知識

多くの飼い主が心から求めているのは、ペットを病気にさせない知識です。
けれど、人間の予防医療が“点数"になりにくいように、動物の予防医療も点数になりにくい。そのため、予防医療の力を入れる獣医は非常に少ないのが現状です。

年々飼育数が減少していることから、18年頃には動物病院の開院ピークが過ぎると予想できます。再びペットブームが起きないかぎり、動物病院の廃業ラッシュがいつ起きてもおかしくありません。

獣医は個人事業主と同じく退職金がないことから、経済的な理由から年老いても獣医を続ける人が相当数いると考えられます。そのため、動物病院の過剰状態はしばらく続くことが予想できます。




-新着情報, コラム

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2018 All Rights Reserved.