スポンサーリンク



新着情報 ペットの高齢化 老犬・老猫ホーム

ペットの介護・老犬・老猫ホーム

更新日:

年老いたペットの介護は、人間同様に簡単なことではありません。
飼い主自身が高齢となり、家族の介護が重なるととても手が回らなくなります。
そこで現在、介護が必要な老犬や老猫を有償で面倒をみる「老犬・老猫ホーム」が広がりを見せています。

「Tペットホ-ム」は、東京都大田区の住宅街に、犬と猫それぞれの施設があります。施設の中では、戯れたり寝たりと自由な犬や猫の様子が伺えました。

最長老は犬が柴犬のTちゃん(16歳)
猫はSちゃん(22歳)
共に「一生預かり」です。
Sちゃんの飼い主は、子供の介護が重なってしまったため、飼い主は、ペット不可の高齢者用マンションに入居するため預けました。

「Tペットホーム」は、2014年6月に開所しました。
工務店を営んでいたW夫婦と店長・パート3名とボランティアで運営しています。
現在、一生預かりとなっているのは犬6匹と、猫10匹。
朝4時から夜12時まで世話をし、病状が重篤な犬や猫は、預けぬしの許可を得てW氏が自宅でみます。

一連のお世話の中で一番手がかかるのが散歩です。
1日に3~4回外出させると言います。
日中が暑い季節だと、朝4時半から1時間半かけて散歩を行ないます。

老犬介護に関する情報提供サイトを運営するM代表が、全国66施設の料金を調べたところ、入所時には約60万円が必要となります。夜間に人が居るのか、いないのかで料金が異なることが多いようです。

「Tペットホーム」の場合、犬は入居金30万円・年間飼育費60万円。
猫は入居金24万円、年間飼育費が48万円となります。
一生預かりなら、この費用を毎年払う必用があります。
さらに排泄や食事の軽度の介護が必要な場合は、年18万円。
寝たきり状態の介護など重度だと、年54万円が別途かかります。

高いと感じるかもしれませんが、ビジネスモデルとして利益を追求するには、これでもかなり厳しいのではないでしょうか。
基ブリーダーで、熊本県内で「老犬ホーム P」を運営するOさんは、「今年3月の決算でやっとトントンまできた」と話します。
「老犬ホーム P」は郊外型の老犬ホームなので、土地の購入などで初期費用が1億ほどかかったと言います。しかし、料金が高すぎると利用者が集まらないため、O氏によると預かり頭数を常に一定に保つことで、利用料金が年50万以下の設定にすることができると言います。こういう状態でフル介護となったり、死亡に伴う入れ替わりがあると、利益は圧迫されます。

預ける事に抵抗感を感じる飼い主は少なくありません。
「Tペットホーム」のW氏は、「飼い主は、皆ぎりぎりまで何とか面倒をみようと詮索した」と言います。
続けて、「犬や猫が10年20年と生きることで、家族の事情も変わるものです」と、重い一言が印象的でした。

スポンサーリンク



-新着情報, ペットの高齢化, 老犬・老猫ホーム

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2017 All Rights Reserved.