スポンサーリンク



新着情報 ペットの高齢化 ペット葬儀

満足できる「お見送り」人間並みのペット葬儀

更新日:

動物供養で約90年の歴史を誇る「慈恵院附属多摩犬猫霊園」は、日本最大級のペット霊園です。東京都府中市にあり、最大の特徴は人間と動物を分け隔てることもなく供養してくれるところにあります。

浄土宗など既存仏教界では、「ペットも人間同様に極楽往生し、飼い主と極楽で再会できるのか」ということが議論となっています。これは、ペットの死後に飼い主から問われることが増えているからです。

慈恵院は臨済宗派妙心寺派系とはいえ、既存の伝統宗派上部団体に属していません。
ここで読まれるお経も、人間同様に舎利礼文です。
「人間も動物も同じととらえて弔っている」と、T住職代務は言います。

多摩犬猫霊園の「ほかと違う」特徴は、霊園内にある13炉の火葬炉です。
年間1万2000~1万3000匹を火葬しています。
ここでは、人間用とペット用と分けることなく、同じ炉で火葬を行なっています。

1台数千万円すると言われる火葬炉は、ガス式。
最高900度で焼却することが可能です。
1匹だけ火葬の場合は約1時間、複数のペットを一度に火葬する場合は3時間かけて焼却します。

ここでは可能な限り骨を崩さないために、基本的な部分はコンピューターで制限を行ないますが、火の勢いなどは人の手で調整されます。
さらに喪主の前に出す前に、骨格は綺麗に整えると言います。

最も多い合同火葬は、埋葬費用を含めて中型犬で2万1600~2万4800円。
葬儀も値段だけで選ぶのではなく、人間同様に悔いの残らないように選びたいところです。

スポンサーリンク



-新着情報, ペットの高齢化, ペット葬儀

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2017 All Rights Reserved.