スポンサーリンク



新着情報 飼い主の倫理 ペット産業・流通 不要犬・猫 生体展示販売

売れないペットはどこへ消える?ペット流通

更新日:

高速道路を栃木県内のインターチェンジで降りて、さらに10分走る。家並みが途切れだし、山中の寂しい風景が見えるようになった所に、見たことも無い光景が目に飛び込んでくる。

所狭しと並ぶ鉄製の檻。
何かに駆り立てられるようにヒステリックに鳴き叫ぶ犬。
何日も洗っていないような異臭。

この異様な空間は、通称「犬の引き取り屋」
ペットショップなどで販売する用の犬の繁殖業者(ブリーダー)が、妊娠・出産できなくなった犬や、老犬や障害のある犬など、売り物にならない犬を持ち込む場所です。1匹当たり数万円の謝礼と引き換えに犬を受け入れている。さながら、犬の産業廃棄物処理業者です。

「今は柴犬しか居ないよ。10匹くらいかな?随分減った」っと、施設の人間は話す。やせている犬や、思いのほかふっくらした犬もいますが、基本的に老犬ばかりです。

今年5月に、日本動物福祉協会(東京品川区)が、施設の所有者の男性を動物愛語法違反で刑事告発しました。
男性は、当時150匹もの犬を抱え、餌も十分に与えていなかったとされています。告発を受けた警察署は、捜査に乗り出し、メディアもこの施設の実態を大きく取り上げました。

このようなことがあったため、今ではブリーダーから犬を引き取る際に、動物愛護団体の者と同伴でないと引き渡せないというケースが増えていると言います。ブリーダーが懸念しているのは、おそらく犬の引き取り屋から芋づる式に摘発されることです。愛護団体が同伴すれば、「引き取り屋ではなく愛護団体に渡したつもりだった」と良い訳することもできます。

動物愛護法は、2012年に改正され、2013年に施行されました。
改正された内容によると、地方自治体がペットショップや繁殖業者から犬や猫の引き取りを求められた際、拒否することができるようになりました。そのため、犬の引き取り屋のようなグレーゾーンの業者が生まれたのです。

この法律が施行されてから、確かに犬や猫の持ち込みは減少傾向にあります。そしてその効果で、犬や猫の殺処分件数が14年度に10万1388匹だったのが10年前の1/4程度にまで減少しました。神奈川県や熊本市のように、年間の殺処分ゼロを達成した自治体も出てきました。法改正によって、犬や猫の繁殖業者やペットショップが、その命を終えるまで適切に育てる(終生飼養)よう意図したものでもあります。

しかし、実際にはそうした効果は出ているようには見えないのが現状です。
それどころか、行政が引き取りを拒否したことで、引取り屋がより劣悪な環境で代替しているのです。

では、この引取り屋に居る犬や猫はその後どうなるのでしょうか。
劣悪な環境で檻の中で放置されて死ぬ・・・、しかしこの引き取り業者に関してはそのようなことはないようです。茨城県笠間市にある動物愛護のNPO法人「SN」は、このような引き取り業者から不要犬を引き取る活動を行なっています。

代表理事のSさんは、引き取られた犬の内の1匹だと言って、痩せこけた犬を抱き上げました。「これはイタリアン・グレイハウンドという犬種で、皆イタグレと呼んでいます。本当はもう少し肉付きの良い犬なのですが、ほら、舌も出しちゃってね・・・」口から舌がべろんと出ているのは、長年無理な交配と出産を強いられてきた証拠です。
Sさんは、別の犬を抱き上げお腹を見せてくれました。その犬のお腹には、ゴムボールのような肥大した腫瘍がいくつかありました。こんなに大きな腫瘍になるまで放置されるとは、この犬はどのような環境で育ってきたのでしょうか。

「SN」は、数十匹の犬を引取り屋から譲り受けてきました。
まだ若い犬や、商品価値のある犬にはお金をいくらか払って譲り受けたと言います。若い犬を引き取ったのは、引き取り屋の男性がブリーダーに転売したり、ペットの直売を行なうことが分かっていたからです。

しかし、引き取るのに対価を渡してしまっては、引き取り屋のビジネスに加担してしまっているのではないか?
代表理事のSさんは、「そりゃ1円も払いたくない」と言います。
タダで譲り受けるにしても、檻が空けばまた新しい犬が入ってくるだけ。
しかし、目の前に不幸な犬がいれば、救わずにはいられないと言います。

この団体で保護した犬は、定期的に里親譲渡会を開催し、再譲渡しています。
高齢の大型犬や、かみ癖や吠え癖のある犬は、なかなか貰い手が見つかりません。
その場合は、この施設が終の住みかとなります。

この施設では、自治体で殺処分寸前だった犬も多数引き取られています。
その数は総数100匹にもなります。
この施設も、不要となった犬の受け皿と言えます。

スポンサーリンク



-新着情報, 飼い主の倫理, ペット産業・流通, 不要犬・猫, 生体展示販売

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2017 All Rights Reserved.