ペットライフ

高1の獣医師志望。北大獣医学部にハイリタイ

投稿日:

1 :ちぃぃん :2019/02/27(水) 00:06:11.69 ID:xj/gdMcF0.net ?2BP(1000)

https://the360.life/U1301.doit?id=1265
ネコが夢中になって食べる姿がかわいい! と大評判のちゅ〜る。
でも大切な愛猫にあげるものだから、安全面は気になりますよね。そこで、ペットの栄養学に詳しい獣医師が、特に人気の15種類の主な原材料をチェックしました。
気になる塩分濃度は、編集部がタニタの塩分濃度計を使ってチェック。「ちゅ〜るは塩分が多い」という巷の噂についても検証しました。
安全性をチェックするには、どんな原材料が使われているかを知る必要があります。そこで、15種類のパッケージ裏に記載されている原材料を獣医師がひとつひとつ確認。

すると、下記の原材料が入っていることがわかりました。

獣医師の梅原先生いわく、「原材料には問題ありません」とのこと。
パッケージに記載されている原材料には、発ガン性のある人工防腐剤や合成着色料は使用していないため、特に問題はなかったようです。

唯一気になるのは、15種中9種にタンパク加水分解物が含まれていること。「体内で分解する際に負担となる可能性がある」との見立てでした。

また、「薬と一緒に与えても大丈夫?」との疑問には、混ぜても特に問題はないとの解答。
一緒に摂取することで薬の効果が薄れたり、害になったりする成分は含まれていないので混ぜても問題ないとのことです。
薬嫌いのネコに薬をスムーズに飲ませるには、おすすめの方法です。

では、塩分濃度についてはどうでしょうか?
0.1%単位でデジタル表示されるタニタの高精度デジタル塩分計で計測。塩分濃度をチェックしたところ、このように分類されました。

種類によって違いはあるもののすべて0.4〜0.6の範囲。獣医師の梅原先生によると、理論上は1日に4〜5本まで与えてもOKですが、1日2〜3本程度に抑えることが望ましいそうです。
ちゅ〜るのあまりの食いつきの良さに、「体に悪いモノが入っているのでは?」「塩分が濃すぎるのでは?」との不安を抱く人も多いようです。
でも獣医師がチェックしたところ、原材料、塩分濃度ともに問題はないという結論に。
とはいえ、あくまでもおやつなので、ネコの要求に応じて与えすぎないように注意。1日2本程度に抑え、食べた分だけ主食を減らすよう心がけましょう。

0件をまとめました。
最新情報はこちら




-ペットライフ