スポンサーリンク



新着情報 ペットの高齢化 コラム

子供の自閉症に最適な7種の犬

投稿日:

犬を持つことが自閉症の子供にとって非常に有益であることが、多くの研究によって示されています。ある調査によると、自閉症児と犬を持つ家族の94%が、子供と犬が深い絆で結ばれていると報告しています。

また別の研究では、特に5歳前後で家族の中で犬と一緒に暮らす子どもたちは、向社会的行動がみられると報告されています。話すこと、顔を見る、触覚、接触をすることで社会的な行動を示し、おもちゃと比較して動物の方がはるかに有効であると報告されています。

家族に犬を加えることは大きな決断です。軽く考えてはいけません。子供が実際に犬を好むかどうかと同様、経済的、時間的問題などを考慮しましょう。

もし犬を飼う事を決めたならば、友人としてなのか、治療目的、介護目的なのか考慮する必要もあります。
ここではどんな犬種が、子供の自閉症に最適か、7種を紹介したいとおもいます。

ラブラドール・レトリバー

優しく、おおらかで、落ち着きがあり、個性的。時に素晴らしい決断を導いてもくれます。アメリカでは27年もの間、最も人気がある犬種です。
ラブラドール・レトリバー

グレートピレニーズ

羊の群れを守るように育てられた彼らは穏やかな気質があって、保証できます。体も大きくて丈夫です。
グレートピレニーズ

スタフォードシャーブルテリア

以外におもうかもしれませんが、彼らはおとなしく、信頼でき、忠実です。
スタフォードシャーブルテリア

ラブラドール

大きな犬は室内で飼うのが難しいかもしれませんが、ラブラドールなら大丈夫です。ブラッシングやグルーミングが大変です。
ラブラドール

ベルンマウンテンドッグ

敏感で、忠実で、優しいので、自閉症児の仲間になるための素晴らしい選択肢になります。彼らはまた非常に知的です。
ベルンマウンテンドッグ

ニューファンドランド

ニューファンドランドは、 "ピーターパン"の本で "ナニーの犬"として不滅です。この穏やかな大型犬は、脱毛が激しいですが、静かでトレーニングが容易です。

ゴールデンレトリーバー

あらゆる種類の犬の中で一番の選択肢です。彼らの幸せな性格は、飼い主を喜ばせるだけでなく、自閉症児の家族のためにいつも素晴らしい選択となっています。

スポンサーリンク



-新着情報, ペットの高齢化, コラム

Copyright© ペットライフ・ペットの悩み・高齢化 , 2018 All Rights Reserved.