ペットライフ 医療最前線 医療の悩み コラム

ココナッツオイルは万能薬

投稿日:5月 19, 2018 更新日:

ココナッツオイルは健康によいとされ、近年大ブームですが犬にもいいのでしょうか?

答えはYESになります。

このマルチタスクスーパーフード「ココナッツオイル」は天然で多くの健康上のメリットがあります。主に中鎖脂肪酸で構成され、ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸、ミリスチン酸、ビタミンK、Eを提供します。抗ウイルス、抗真菌、抗菌性も含まれます。

犬の頭から尻尾までの健康改善に役に立つといえますが、最も効果を発揮するのか犬の消化器系を助ける作用です。

ココナッツオイルは皮膚や毛皮の状態を改善し、エネルギーレベルを高め、消化を改善し、アレルギー反応を減らすことができると医学的に立証されています。

中鎖脂肪酸が消化器の問題を緩和するのに役立ちます。消化管に直接吸収され、肝臓に直接入り、利用可能なエネルギーに代謝されるからです。

栄養素の吸収に加えて、ココナッツオイルが持つ抗炎症特性は、炎症性腸症候群や大腸炎の症状を緩和するのに役立ちます。抗ウイルス性、抗真菌性、抗菌性は、消化器系の細菌および寄生虫を殺すのに役立ちます。

さらに、ココナッツオイルは犬の口を清潔に保ち、息を爽やかにし、歯や歯茎の健康をサポートします。実際、ココナッツオイルはすべて天然の練り歯磨きとして使用することさえできます。

とてもたくさんの種類のココナッツオイルがあるので、何を選ぶか迷ってしまうでしょう。実際、全ての製品は熱処理方法などで成分、効能が異なります。

最も栄養価の高いココナッツオイルは、バージン、オーガニック、コールドプレスなどと書かれているものです。
熱処理をしていない製品という事になります。

さらに、この魅力的なオイルは食事に混ぜてもほとんどの犬が美味しく食べてくれることです。ごくまれにアレルギー反応が出るケースもあるので、少量からはじめてみたり、獣医に相談しながら与えてみましょう。




-ペットライフ, 医療最前線, 医療の悩み, コラム